監督
ホウ・シャオシェン[侯孝賢]
1947年、中国・広東省梅県に生まれ、翌年家族とともに台湾に移住。72年に国立芸術学院映画・演劇科を卒業後、映画界入り。以後、チェン・クンホウ監督作品をはじめ多くの映画に助監督・脚本家として参加。80年に『ステキな彼女』で監督デビューし、3作目の『川の流れに草は青々』(82)が批評家たちに絶賛され“台湾ニューウェーブ”の代表的存在となる。『風櫃の少年』(83)、『冬冬の夏休み』(84)が2年連続でナント三大陸映画祭グランプリを受賞、ホウの名が世界に知られるきっかけとなった。その後も『童年往時―時の流れ―』(85)がベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞を、『恋恋風塵』(87)がナント三大陸映画祭最優秀撮影賞・編集賞を受賞するなど発表する作品はいずれも高い評価を受け、89年『悲情城市』でヴェネチア国際映画祭金獅子賞(グランプリ)を受賞、中国語圏で史上初の快挙となった。カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞した『戯夢人生』(93)以降も、『好男好女』(95)、『憂鬱な楽園』(96)、『フラワーズ・オブ・シャンハイ』(98)、『ミレニアム・マンボ』(01)、『百年恋歌』(05)がいずれもカンヌ国際映画祭コンペティション部門に、小津安二郎の生誕100年記念作品『珈琲時光』(03)が04年ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に出品されるなど、彼の作品は常に世界の注目を集めている。自身初の時代劇アクションとなる本作『黒衣の刺客』で第68回カンヌ国際映画祭最優秀監督賞を受賞した。 ホウ監督にとって初の全編日本ロケ&オール外国語(日本語)での撮影となった『珈琲時光』では一青窈、浅野忠信らを起用し、『赤い風船』(56/アルベール・ラモリス監督)へのオマージュとして製作された『ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン』(07)ではジュリエット・ビノシュを、そして本作では妻夫木聡、忽那汐里をキャストに迎えるなど、近年は中国語圏以外の俳優とのコラボレーションが続く。またプロデューサーとしても活躍しており、『台北カフェ・ストーリー』(10/シアオ・ヤーチュアン監督)、『天空からの招待状』(13/チー・ポーリン監督)など後進となる台湾の若手監督の育成にも意欲的である。
FILMOGRAPHY
1980年
『ステキな彼女』
1981年
『風が踊る』
1982年
『川の流れに草は青々』
1983年
『坊やの人形』(オムニバス作品/第1話「坊やの人形」)
『風櫃の少年』
❖ナント三大陸映画祭グランプリ
1984年
『冬冬の夏休み』
❖ナント三大陸映画祭グランプリ
1985年
『童年往事―時の流れ―』
❖ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞
1987年
『恋恋風塵』
❖ナント三大陸映画祭最優秀撮影賞・編集賞
1989年
『悲情城市』
❖ヴェネチア国際映画祭金獅子賞(グランプリ)
1993年
『戯夢人生』
❖カンヌ国際映画祭審査員賞
1995年
『好男好女』
❖カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品
1996年
『憂鬱な楽園』
❖カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品
1998年
『フラワーズ・オブ・シャンハイ』
❖カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品
2001年
『ミレニアム・マンボ』
❖カンヌ国際映画祭高等技術院賞
2003年
『珈琲時光』
❖ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門出品作品
2005年
『百年恋歌』
❖カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品
2007年
『それぞれのシネマ』(オムニバス作品/「電姫戯院」)
❖カンヌ国際映画祭60周年記念作品
『ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン』
❖カンヌ国際映画祭ある視点部門出品作品
2015年
『黒衣の刺客』
❖カンヌ国際映画祭最優秀監督賞